.この薄っぺらいブログが見えるというのか/

自転車・PC・読書感想。サイクリング部の大学生やってます。

django で自分で作ったファイルをダウンロードさせる

どういうときの話?

例えばユーザーの入力によって動的にファイルを作り、そのファイルをModelのデータベースに保存1させつつ、ユーザーにダウンロードさせたいとき

下準備

# @settings.py
MEDIA_ROOT = os.path.join(BASE_DIR, 'media/')
MEDIA_URL = '/media/'

参考

設定 | Django documentation | Django

Djangoで、ファイルダウンロード | NARITO BLOG

スラッシュの過不足があったりするとエラーが出るので注意。

# @urls.py
from django.conf import settings
from django.conf.urls.static import static

urlpatterns = [
    # ... the rest of your URLconf goes here ...
] + static(settings.MEDIA_URL, document_root=settings.MEDIA_ROOT)

これはユーザーだけじゃなくて、自分でアップロードする場合にも必要。これは開発時の設定なので注意

参考

静的ファイル (画像、JavaScript、CSS など) を管理する | Django documentation | Django

# @models.py
from django.db import models

class FileModel(models.Model):
    file = models.FileField(upload_to='files/')

足りない所は想像力で補ってください。

ファイルをModelに保存する

from django.core.files.base import ContentFile
from .models import FileModel

string = 'this is sample file content'
myfile = FileModel()
content = ContentFile(string)
myfile.file.save('file_name', content)

参考

モデルフィールドリファレンス | Django documentation | Django

こうするとDBに登録されるのでフィルターとかソートとかして取り出せる(はず)。

同名のファイル名で上書きすると、suffixが付いたファイルが新たに作成されて、そちらがDBの指すファイルの実体となる。もとのファイルが削除されるわけではない。

html側は、

<a href="{{ uploadfile.file.url }}" download="{{ uploadfile.file.name }}">{{ uploadfile }}</a>

のようにdwonload属性を使うのが手軽でいいと思う。

参考 

Djangoで、ファイルダウンロード | NARITO BLOG


  1. この言い方は正しくないが