.この薄っぺらいブログが見えるというのか/

自転車・PC・読書感想。サイクリング部の大学生やってます。

venvのディレクトリ構造についての誤解

単純に馬鹿な誤解してただけなんですが、venvで仮想環境作るときに

python3 -m venv venv-dir

ってやると思う。 俺はvenv-dir以下で開発するのかと思ってたけどこれは違うらしい。つまり

venv-dir
└ lib
└ lib64
└ etc
└ .... #以上がvenvで作られるディレクトリ

└ プロジェクトのコードたち

みたいなディレクトリ構成になると思ってたけどこれは間違ってて、実は

プロジェクトのルートディレクトリ
└ venv-dir
└ プロジェクトのコードたち

が正しい構造らしい。 (; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)

まぁこの認識さえ間違っている可能性はある。

でも考えてみればvenvはPATHの先頭に仮想環境のパスを追加するだけなので(うろ覚え)、venv-dirはPC内のどこにあってもいい。例えば(アホみたいだが)/boot に作ってもいい。俺が勘違いしてたように、venv-dir以下にコードを置く必要はない。

ここではvenvのフォルダ名をvenv-dirとしたけど、開発のお作法的には

# Environments
.env
.venv
env/
venv/
ENV/
env.bak/
venv.bak/

(出典: https://github.com/github/gitignore/blob/master/Python.gitignore )

のどれかを使うのがいいと思う。天下のgithubが言うんだからそうに違いない。

まぁエクスプローラーがスッキリする .envか .venv がいいかなとは個人的に思う。