zwiftはいいぞ

 最近zwiftを始めた。どっかにパワーメーターねえかなーと思って先輩に聞いたところ部室にパワータップ付きのホイールが2つ転がってるらしいのでそれを使う。フリーボディがめっちゃ削れてたりリムがブレーキするの怖いほど削れてたり、スプロケなかったり、付いててもスプロケの位置ずれててディレイラーの調子が悪くなったりしたが、フリーボディはこれまた部室に転がってた新しい奴に交換して、リムはローラーしかしないので放置して、スプロケは同期からいらなくなったのを譲ってもらった。 

 で、ここ3日ぐらいやってみたんだけどほんと効率よくトレーニングできる。いつも公道で練習してたけど、日本特有の自動車が通ることしか考えられていないやたら細い道路とか、サイクリングロードを蛇行しながら走るおじいちゃんとか、急に車線変更するタクシーとか、狙ったかのように赤になる信号など、ストレスしかなかった。  その点zwiftは部室で練習できて、実走練みたいに練習場所に行く必要がない。しかもパワーという絶対的な指標があるからどれくらい追い込めているのかすぐわかる。感覚でやってると甘えが出てくるし、速度は環境で大きくかわるのであんまり参考にならない。ローラーで練習するので例えば「20分全力で漕ぐ」などの公道ではできない練習もできる。

 zwiftのいいところはトレーニングメニューがいっぱいあって、選べば自動でトレーニングを始めてくれるところ。自分でメニューを決めるのはめんどくさいし、「ちょっときつくしすぎたかも。1セット省略しよう」とか甘えることがない。指示通りに漕げばいいので、今まで測る機会のなかったFTPを計測できた。FTPの測り方を調べるのもめんどくさいし、計測前の5分全速力ってどんくらいだよ力尽きるわとかいう心配がない。zwift内のコースを好きに走れるモードもあるみたいだけどそれはやってないからわからん。

 ただパワーメーターがないと始められないのはやっぱりハードルが高いと思う。俺は部室にあったからよかったけど。これからはほとんどzwiftで練習することになりそう。マジで日本は自転車走りづらすぎるんだよ。