趣味記録

自転車、本、PCなど色々

新世界より の感想

 長いよ。読むの大変だったよ。

 調べたところSFが読みたい!を受賞してるしSFに分類されるというので買ってみたがあんまりSFじゃなかった。どっちかというとリアルよりのファンタジーな気が。まあ四畳半神話大系をSFに分類することもあるみたいだしとやかく言うまい。

 この本には呪力というまぁ有り体にいえば魔法が出てくるわけだが、この魔法が出現したあとの世界を論理的に描いているという点でとても画期的。以前から魔法を扱った作品に出会うたび思ってたんだが、そんなに民衆に力あったら争い起こりまくりだよねってこと。魔法があるのに世界の大体が平和で、主人公たちは概ね平和な土地を旅する(もちろんイベントに巻き込まれたりはするが)ってのがどうも違和感があった。マギでもハガレンでもなろう小説でもいいけど、まぁ平和。現代日本に魔法をぱっと出現させて、時代を巻き戻しただけ(ひどい言い方だが)みたいな設定が多くてどうも気になってた。もし魔法が古代からあるとすれば、神の怒りで雷を説明していたように、身の回りにあるあらゆる現象を魔法で説明するのが当たり前だっただろうし、その帰結として神かなんかの超越者への信仰が、俺達からすればありえないぐらい強くなったとしても不思議じゃない。信仰を強めた人たちが何らかのきっかけで争いを始めれば収拾がつかなくなることも当たり前だと思う。だから上で上げたような設定の作品に対して(好きだけど)どことなく違和感を持っていた。

 その点「新世界より」は徹底的に考察してて新鮮。大衆一人ひとりが人を殺せるような力を持ってたらこうなるといのを納得できる形で示してくれた。まぁだからといって今後出版される魔法を扱った作品はしっかり考証をするべきだとか言うつもりはない(そもそも俺が言ったところでどうにもならないし)。まぁ面白ければいいよね。結局創作なんだし。

 で、「新世界より」は世界観はしっかりしていたが内容は別。やっぱり合わねえ。こんだけ小説合わないのばっか読んでるともうなんか落ち込んでくるよね。あ、そうだこの感覚はマルドゥックシリーズを読んでる時にも味わった。前の記事で書いたとおり俺は想像力が著しく低いせいか小説でアクションを書かれても面白く感じられない質なので、ずっと惰性で読んでる感じがした。ちょっと待てよ。(おそらく)エンタメ小説の最高峰である「新世界より」すら面白く感じられないとすれば俺はもはや読める小説なんてないのではないだろうか。これからはもうアクションとかミステリとかSFとか設定とか関係ないノンフィクション小説を読むしかないのだろうか。どうすっかなー

アンドロイドは電気羊の夢をみるか の感想

 宣言通り2周目してきました。やっぱり合わなかった。いやもう恥を忍んで言ってしまおう。クソつまんなかった。

 振り返ってみると俺のツボに入った作品というのはどうも理屈っぽいところがある。そのいちいちを挙げていくのは流石に恥ずかしいのでしないが、好きな作家が伊藤計劃円城塔というところでお察しいただけると思う。しかし俺のめんどくさいのは理屈っぽければ好きになるわけではないところにある。まず最初に、ちょっとむずかしくなるとすぐそちらに気を取られてしまうので、理屈っぽく、それでいてわかりやすくなければいけない。そしてその上ストーリーが面白くなければいけない。ストーリーの面白さ=作品の面白さ と俺の感性が認識するからである(そうでないことが多いのは重々承知している)。このくそめんどくさい二点を踏まえていただくと表題の作品「アンドロイドは電気羊の夢をみるか」がいかに俺に合わないかお分かりいただけるだろう。

 まずとてもわかりづらい。英語名だというだけ覚えづらいのに、登場人物が多いし、ファーストネームとセカンドネームを使い分けるのでもう無理。とても話を追える状況じゃない。次にストーリーに盛り上がりがない。俺は小説でアクションを書かれても特に興奮しない質(これまためんどくさい)なのでアンドロイドとのアクションで盛り上がったりとかはなかった。で、極めつけが「人間とは〜という議論に特に魅力を感じなかった」こと。もうこれは致命的。これこそがアンドロイドは〜を傑作たらしめているのに(多分)。

 ただ俺も作品が合わなかった言い訳はいろいろある。「なんでアンドロイドをはらわたぶちまけて破壊しても人間と区別つかないんだよ」とか「大企業中の大企業を一人の賞金稼ぎの誤認で動かせるわけねえだろ」とか「アンドロイドの警察署とか絶対ばれるし流石に無理があるだろ」とか「割と簡単にアンドロイド処理してるけどそれで世界記録とか信じられん」とかとか。もちろんこれらの指摘が全く本質的じゃないのは理解してる。でもやっぱ一貫した世界観って大事じゃん。ほら「アルジャーノンに花束を」でも一貫性が大事だって言ってたし。こういう小さな違和感(というか不整合)が俺はとても気になってしまった。

 まぁ結局慣れの問題なのかなとは思う。俺は現代小説の、内容が分りやすいところから小説に入ってきたタイプなので、逆に古典SFから小説をよみはじめた人とかは「アンドロイドは〜」も楽しめるのではないかと思う。しかしamazonのレビューがやたらいいのが不安。本作が合わなかった人が評価の良さに圧倒されて低評価付けづらかったり、そもそもSF好きな人しか読んでないとかならまだいいけど、万人受けする正真正銘の傑作を俺がこの弱小ブログでぼろくそに批判するほど恥ずかしいことはない。みんな楽しめるのに俺だけ楽しめないっていうのは悲しい。

情けないことにフィリップ・K・ディックが合わない

 伊藤計劃からSFに入っていってはや幾年。まずは有名ドコロをと思ってディックを読んでみたがほんとに合わない。言い換えるとつまらない。

 前に高い城の男とかディファレンスエンジンとかを読んだときから薄々感づいていたけど、もしかしたら俺はSFが好きではないのかも知れない。とりあえず

パーマーエルドリッチ〜

アンドロイドは〜

高い城〜

(筆者違うけど)ディファレンスエンジン

と読んできたけど見事に合わなかった。いつ面白くなるんだろうと思って読んでたら終わった。ほんとにこれは情けない。なんで?俺もSFの世界に触れたいのに。上の本が高評価なのが理解できないことが情けない。簡単にわかるようなことを長々と語るし、そもそもストーリーが面白くない。もちろん簡単な文章が最善だと言うつもりはない。難しく語ることで議論に深みがでたりして面白くなるのはわかる。俺だって円城塔好きだし。でもディックの本は好きじゃない!どれだけ言葉を繋いでも1ミリも話が前にすすんでる感じがしない。こんなこと書いてると俺の無教養と読解力の無さを大衆の目の前で露呈してる感じがして本当に恥ずかしい。でも合わない。どうかこれらの本の魅力を語ってくださる方がいたらぜひ連絡してほしい。いくらでも布教でも説法でもしてくれて構わない。

 ちなみにマルドゥックスクランブルも読んだけどこれはまぁ好きだった。ただカジノのシーンが長すぎる。本一冊ぐらい使ってるでしょこれ。すぐ終わると思って雰囲気だけで読んでたのでポーカーのルールぐらいは知っておけばよかった。そして、これまためんどくさいことにこの本も手放しで好評価できる俺ではないのだ。まず思うのが小説でアクションってどうよ、ということ。なんか小説でアクションを書かれると萎える。それってアニメか映画でよくね?と思ってしまう。小説という媒体を選んだからには小説の利点を活かすべきだと俺は考えているので、あまり小説でアクションは賛成できない(てめえは何様だという意見は俺にもわかる)。もちろん物語の都合上アクションが出てくることは全然否定はしないけど、アクションそれ自体が主役になるのが好きじゃない。

 考えてみると俺はただの中二病を引きずったひねくれ者なだけなのかも知れない。アクション主体のエンタメ志向だとダメだが、ディックのようにあんまりにも難しいと逆に読めない。エンタメ批判してカッコつけようとしているが、難しいことはわからないという典型的中二病。そういう意味で伊藤計劃はまさに自分にピッタリあった作家なんだなぁと思う。エンタメにも思弁にもどちらにも偏っておらず、ストーリーが面白い。じゃあ円城塔はどうなんだと聞かれるかも知れないがあの人はいっそ難しいですよ〜〜感をバリバリ出してるので逆に中二心が刺激されてるのかも知れない。読書感想文をブログに投稿している者としては今回の記事はどうしようもなく情けないし、俺なんかにけなされた作品が可哀想なので、上で文句行った作品はもう一回読んでみようと思う。

ロードバイクで初めてのロングライド

 ロードバイクで初めてのロングライドに行ってきました。(書いてる時はすでに300kmぐらい走ってるけど)主に多摩サイを走って、途中府中あたりで外れて坂登ってきました。総走行距離7,80kmかな?

 当たり前だけどスピードでますね。クロスバイクだったら辛いだろう速度も簡単にでます。サイコンないので正確な速度はわかりませんが一緒に行った友達(サイコン持ち)によると30km上回るぐらいの巡航速度ぐらいだったそう。

 多摩サイの噂は前から聞いていて、走りやすいんだろうなと思っていたら案外走りにくかったです。そもそも道幅が狭い。人二人分しかないから対向車とすれ違うときに結構気を使う。歩行者も多いので追い越しの時に対向車と譲りあうので大変。一番怖いのがお年寄りが多いこと。ママチャリふらふらになりながら乗ってたりして超怖いです。まぁ自転車道じゃないんで歩行者再優先で、ロードバイクが譲るべきってのはわかるんですが。

 んで乗り心地ですが、やっぱり良いです。小さな振動を吸収してくれるので走りに集中できてストレスが少ない。ギアも11速なので負荷に合わせてこまめに変えられる。SORAでいいやと思ってた俺があの憧れの105使ってるってだけで気分あがりますね。ギアがスパスパ変わるので、変わったのに気づかない時とかありましたからね。そしてもうSTIレバーのかっこよさと言ったらないですよ。ギア変えるの楽しくて無駄に多く変速してました。

 ロードバイク乗るとスピード出すのが楽しくなってきますね。クロスバイクじゃ感じられない。これは機材に金掛けたくなる気持ちもわかる。今思うとカーボンで105のバイク買ってよかったと思います。下のグレードだったらすぐに機材に不満がでてきて気持よく乗れなかっただろうと思います。あぁーサイコンほしいし、ディープリムほしいし、パワーメーターほしい。

ubuntuを入れました

 僕のパソコンはx202eという五年前のエントリーノートなのですが、ブラウザのタブを5つぐらい開くとすぐメモリ(4GB)を使いきって動作がもっさりするので怒り狂ってubuntuを入れました。
 http://www.iandprogram.net/entry/2015/09/15/115918

手順は大体上の通りにやりました。
少し補足するとすれば
そもそもドライブの縮小とは何かわからない→使っていないHDDの容量を未割り当て領域にすること。つまりubuntuが使う分の容量を確保すること。


UNetbootinのselect version→(ubuntuのバージョン)_Live_x64の方を選ぶ

ubuntuのインストール→サードパーティーのソフトウェアをインストール(文面うろ覚え)にチェックをいれる。flashとかインストールしてくれる

ubuntu のインストール中にUSBを抜いてしまった→強制終了してwindows からパーティションを削除してもう一回ubuntu を入れる。ちなみになんでこんなことを書くかというと自分でやったからです(3回インストールし直した顔)。

まぁまだ本格的に使ってませんがブラウザではてなブログとか開くと明らかに速いです。linuxに慣れるためにちょこちょこ使っていきたいです。

ルッククロス乗りがカーボンロードバイクを買ったので

自慢するしかないでしょう

自転車の記事書こうとは思っていたけど肝心のネタがないので書けませんでした。しかしやっとネタが登場。

買ったバイクはscott のcr1 20(105ミックス)です。これは2017年モデルなのですがcr1というブランドは2017年に廃止されているのでこれが最後の世代ということになります。

f:id:arark:20180517213130p:plain

https://www.cyclesports.jp/articles/detail/79993より

  写真とるのすらめんどくさいので引用で失礼します。

 正直買うときめっちゃ悩みました。大金払って物を買うなんて経験今までで一度もなかったし、買ってもすぐ飽きるんじゃないかとかなんとか考えて超迷ってました。今は買ってよかったと思います。

 ちなみに値段ですが、2017年モデルということもあってか税込み15万でした。定価25万(税込み)なのでかなりお買い得でした。15万ってアルミバイクの価格帯じゃん!ここまで安くなかったら買ってなかったです。(やめるかもしれないからなるべく安いのにしとこ・・・)とか思ってたぐらいなので。

 納車のあと少し走っただけでもうweekend bikes(ルッククロス)との違いがはっきりわかりました。振動がめっちゃ柔らかい。今でも街乗りで現役の我が愛車weekend bikesでは震えて震えて仕方ないような道路でもうまく振動をいなしてくれます。ただ一つ不安なのがこういうコンフォート志向のバイクは加速性能が悪いといわれていること。将来はできるならレースに出てみたいのでちょっと気になってました。そこではたと気が付いたのです。「レース出るくらい熱中してるならフレーム買うぐらいわけなくね?」と。あと知り合いのロード乗りに聞いたところ「結局足だよ」とも言っていたので。

 あともう一個気に入ってるのがフルカーボンなとこ。フォークだけじゃないですよ!?フルですよ!?フルカーボンっていう響きがもう大好きです。

 買ってすこし驚いたのが自転車本体以外に結構金がかかること。サイクルジャージ買って、ビンディングシューズとペダル買ってボトル買って・・・と行くと最低でも5万はかかります。多少は覚悟していましたがいざ買うとなるとここでも尻込み。まぁ買いましたけど。

 今度ロングライド行く予定なんで言ったらまたなんか書きます。

 

 

↓昔書いた記事。当たり前ですけど定価25万と3万の自転車比べると圧倒的に前者の方が快適だし速度でます。  

arark.hatenadiary.jp

 

感想をかくはずの本

パーマーエルドリッチと三つの聖痕

道化師の蝶

オブザベースボール

マルドゥックスクランブル1st,2nd

アンドロイドは電気羊の夢を見るか

AIvs教科書が読めない子供たち(途中)